モテるバンドマンになるために

女の子にモテたくてバンドを始めた、という男性も多いことからもわかるように、一般的にバンドはモテる趣味とされています。確かに華やかなステージの上で演奏する姿は多くの女の子を惹きつけます。 バンドを趣味としていれば、決してイケメンでなくてもそれなりにモテる男性になることは可能です。しかし、アピールの方法を間違えてしまうと、逆にまったくモテなくなってしまいますので注意が必要です。

モテないバンドマン

やはりバンドマンの中にもモテない男性もいます。一般的にモテるというイメージがあることから、あまり軽い印象を与えてしまうと警戒されています。いわゆる遊びなれた男性っぽい雰囲気のバンドマンには女性は寄ってきません。

バンドなどのアート系の趣味を持っている男性の魅力はちょっと危ない雰囲気です。しかし、これを勘違いして変なアピールをしてしまうとやはりモテないバンドマンとなってしまいます。たとえば、いい歳をして不良っぽい感じを出したり、礼儀を知らない態度をとっていてはモテません。やっている音楽がもしパンクなどの反社会的なメッセージ性をもったものであったとしても、ステージの上以外でもそんな態度をとることが許されるのは10代まででしょう。 むしろ、ステージの下では紳士的に振る舞うことで、ステージ上とのギャップを作った方が女性を惹きつけることができるでしょう。あくまで危ない雰囲気を見せるのであり、本当に危ない奴だと思われないようにしましょう。

モテるバンドマンになるには

もっともモテるバンドマンは、意外に常識人タイプです。バンドを趣味としている人は型破りなタイプ、またはそんなタイプを演じている人が多いです。そんな中で常識的な態度をとることのできる男性がいると、とても魅力的に見えるのではないでしょうか? ステージ上では過激なパフォーマンスをしているのに、普段は常識人であることによって、より自分を魅力的に見せることができるでしょう。 基本的にステージ上での姿は、演じている姿であるべきです。オンとオフをしっかりと使い分けることができる男性が、音楽でも恋愛でも成功することができるのではないでしょうか? 実際にプロのアーティストを見ても、一流のバンドはオンとオフの切り替えがしっかりできています。ステージ上では豚の臓物などを投げ散らかすパフォーマンスで有名な遠藤ミチロンだって普段は温厚な常識人です。

ステージ上で女性を惹きつけることができたら、次はステージの下で別の一面を見せるようにしましょう。そうすれば、よりこのモテる趣味を活かすことができるはずです。

Copyright© 2013 趣味が女の子を落とす武器に! All Rights Reserved.