二人だけにわかる世界、読書を通じて知り合う楽しさ

読書が趣味、というと何だか地味な感じがするかもしれません。確かに本を読んでいる姿は、自分の世界に入り込んでいるようで話しかけづらいですし、ひとと共有できる楽しみもなさそうに見えます。

ですが読書ほど共通の趣味になると楽しいこともありません。同じ本が好きなということは心を強く結びつかせます。他の人が入ってこられない二人の世界が欲しいなら、女性と知り合うきっかけに読書を選んでみてはどうでしょうか。

同じ本好きならではの会話!読書は最高のパートナーを見つけだす?

読書、とりわけ小説を読むことを趣味としている場合は喜びを共有するのは難しいでしょう。どのようなストーリーが好みかは人によってまったく異なりますし、同じジャンルでも文章の書き方などでも好き嫌いがわかれます。

もし愛読するものが純文学だったのなら、喜びをわかち合える人の数はさらに限られたものとなるでしょう。ですが、だからこそ知り合えたのなら、親友と恋人を一度に得たと思えるほどに、相手は最高のパートナーとなります。

さらに文学好きならではの、小説の一節を引用した言い回しや、同じ本を読んでいるからこそできる会話で楽しむことができます。言葉づかいや文字の一字一句を味わえるのは、本好きの二人ならではの楽しみです。

意外と出会いのチャンスは多い!?本好きと出会うなら本のある場所へ

肝心の女性と知り合うことに関しては、実は意外とハードルは高くありません。というのも、本好きの人が多くいる場所はほとんど決まっているからです。数はあまり多くありませんが、出会い自体は少なくないと言えるでしょう。

彼女たちがたくさん見つかるところは二つあります。まず一つは書店で、文学はもちろん専門書、ライトノベルなど好きなジャンル別にいる場所も違うので、自分と趣味の合う人を見つけるのは大して難しくありません。

もう一つは図書館で、集まる大半が古い作品も愛す真の本好きです。ただ書店より少し声をかけにくい雰囲気なので、仲よくなるには勇気が要ります。また多くの方が本を集中して読んでいるので、迷惑をかけないよう注意しましょう。

気が合う相手なら、会った日に親密な一夜を過ごす可能性も?

以上のことから、読書は趣味としては地味で注目されるものではありませんが、女性と知り合うのには適しているものと言えます。くわえて共通した趣味を持つ人と出会える場所もある程度決まっているのでチャンスも多いです。

また共通した本が好きな相手なら会話も確実に弾むでしょう。読書好きな女性はプラトニックな恋愛をするものだというイメージがあるかもしれませんが、それは誤解です。幅広く本を読んでいる人であればこそ、激しい恋愛模様や愛憎うずまくストーリーに没入し、身を焦がしているものです。一旦火が点けば激しくお互いの肉体を求め合う関係になることだってあります。

むしろ問題は男性の方で、本ばかり読んでいては充分な筋力や精力が鍛えられていない可能性が高いのでは?図書館ばかりでなくジムやプール通いもして、不安があるならばバイアグラの力を借りるのもOKです。もうすぐジェネリック品が国内でも登場するので、今までよりも気軽にバイアグラを購入することが出来るようになるといわれていますから、準備おさおさ怠りなきように。

Copyright© 2013 趣味が女の子を落とす武器に! All Rights Reserved.