必要なのはテクニックではない!努力とコツで女をイカせよう!

セックスで女性をイカせることは容易なものではありません。ですがそれは不可能なことではなく、努力をすることとコツさえ知っていれば誰でもできることです。 AVを見て男優の真似をする…そんな無駄な努力はもうやめましょう。激しいテクニックを駆使したところでただの徒労に終わります。必要なのは相手の弱点を責めることと、勃起の持続力です。なぜそれらが必要になってくるのか、その理由をご説明しましょう。

女性をイカせるにはどうしたらいいのか?

男にとって女をイカせることはひとつの目的といえます。ですが、男女には性差がありますからどこをどう責めればいいのやら…と迷ってしまうこともあるのではないでしょうか。

人によってはAVをチェックして男優のテクニックを盗み、それを実践することもあるでしょう。確かに性のプロフェッショナルである彼らの技は非常に参考になります。ですが、我々素人が磨き上げられたテクニックを真似しても、同じように女性をイカせることは困難です。そもそも、AVというのは見世物なわけですから、女優たちだって絶頂している演技をしています。劇中で行われているような激しくなんどもイク姿というのはリアルではそうそう拝むことはできません。

性感帯をとにかく責めまくる!

では、素人である私達は女体をどのように責めるのが正解なのでしょうか。最も効率的なのは性感帯を刺激し続けることです。基本的に人間の性感帯というのは男女ともにほぼ同じです。乳首、背中、脇腹、内もも、性器…刺激を受けやすいこれらの部分が性感を得やすい場所となります。

特に女性はクリトリスを責められることが大好きです。AVの真似事をして頑張って膣内を指でかき回すくらいならば、舌を使って一生懸命にクリトリスをなめているほうが効果的であるといえるでしょう。そうした愚直な行動こそが女性をオーガズムへ一歩ずつ近づけていくきっかけになるのです。

徐々に慣れてきたならば乳首を指で責めつつクンニしたり、アナルや膣を指責めしてクリトリスをローターで刺激する…といった複合技も繰り出していきましょう。性感帯をこれでもかといたぶれば、女性もたまらず絶頂に近づくはずです。

かけた時間が愛情を感じさせる

頑張ったけどなかなかイッてくれない…と悔やむ必要はありません。実は女性は男性に比べてイキにくいものなんです。特に絶頂経験の少ない子はオーガズムに達しにくい傾向にあります。

ある研究では女性はオーガズムに至るまでに30分以上の刺激が必要であることが判明しています。もちろん個人差はあるでしょうが長時間責め続けないとオーガズムには至らないんですね。

挿入だけで頑張ろうとすると…たぶんほとんどの人が萎えてしまうのではないでしょうか。それがきっかけで自信を失い、EDに…そんな話はよく耳にします。 とはいえ、勃起力が衰えていても女性をイカせている人は少なくありません。たとえばバイアグラを使ってペニスパワーをサポートし、長時間のピストンに耐えられるようにしている人もいます。今は病院でバイアグラのジェネリックも処方されるようになりましたから、勃起力に不安のある人は事前に入手しておいても良いのではないでしょうか。

Copyright© 2013 趣味が女の子を落とす武器に! All Rights Reserved.