釣りはかっこいいところを見せられるチャンス

釣りは竿とリール、仕掛けとエサがあれば海や川で行うことができる趣味です。最近は釣りガールと言って若い女の子の中にも釣りをする人が増えています。意中の女性がいるなら、一緒に釣りに行ってしっかりエスコートして自分の魅力を伝えていきましょう。

釣りをしている姿だけでなく魚を釣るためのテクニック、食べることができる魚であれば調理をして美味しい料理をふるまってあげることもアピールポイントです。釣りを通して女の子をゲットしたいなら相手のことを一番に考えて行動しましょう。

釣りに限らず自分本位の行動は、相手から冷めた目で見られてしまう可能性もあるので、自分の大好きな趣味であっても、主役は女性であることを念頭においていくことが大切です。

女子を釣りに連れて行くときのマナー

釣りができるところには、自然のフィールドだけでなく管理されている釣り堀や釣り公園があります。本格的に釣りをしている人にとっては、自分のとっておきのスポットでかっこいいところを見せたいかもしれません。

ここで気を付けないといけないのは、釣り場のトイレの有無を調べておくことです。せっかく釣りでいいところを見せようと思っても、相手の女性がトイレを我慢している状態だとそれどころではなくなってしまいます。

管理されている釣り場であればトイレを設置していることが多いので、最初はトイレなど環境が整っているところで釣りをして、まずは楽しさを知ってもらうことから始めるようにしましょう。また長時間の釣りはストレスが溜まる可能性もあるので、3時間程度くらいで様子を見てから長くなり過ぎないように気を付けることも大事です。

女の子と一緒に楽しむことができる釣り

釣りはエサを使うスタイルが一昔前の主流でしたが、女の子の中にはエサを触ることができない子も多くいます。代わりに付けてあげることのカッコよさもありますが、ルアーを使って自由なスタイルで釣りをさせてあげるのもおすすめです。

春や秋であればエギングで釣りを楽しむことができる他、場所によっては大きな青物が釣れるところもあるので、事前にリサーチしておきましょう。釣りを趣味としている人であれば少々釣れなくても我慢できます。でも、初めて釣りをする人にとって釣れない時間は苦痛です。相手が飽きないように会話をすることや粘り過ぎない配慮も必要になってきます。

釣りは自宅に来てもらうための口実を作りやすい

釣りをして魚がたくさん釣れたら、その後のことはどうでしょうか。釣りをしている人の中には魚を調理ができる人もいます。魚をさばいて調理することができるなら、自宅に招いて料理を作ってあげることも可能です。

釣りができてなおかつ魚料理ができる人の特権ですが、魚釣りをして気持ちも上がっているところで誘うと、女の子の警戒心も解かれてきます。ただし先走って焦った姿を見せてしまうと相手に警戒されてしまうのは釣りと一緒です。

自宅に女の子を呼ぶことができた後は雰囲気作りをしっかり行いましょう。釣りは汚れることも多いので、シャワーを浴びてもらうことも誘い方によってはできます。魚釣りをきっかけとして良い関係になったら釣れた魚にエサはあげないではなく、大切にしてあげる気持ちを持って接していきましょう。

Copyright© 2013 趣味が女の子を落とす武器に! All Rights Reserved.