登山は女子との距離を一気に縮める

山ガールと呼ばれる女性が増えていて、昔と違って今は若者が楽しめる趣味としても登山は浸透しつつあります。登山ができるようになりたい女の子もいるので、教える側の立場になることによって親密な関係を作ることもできるでしょう。

登山は山に登るだけでなく、下山時にもテクニックが必要なことや気象、野草、生物に対しての知識も重要になります。女性にアピールできるポイントはたくさんありますが、相手の子がはじめての山登りなら、エスコートしてあげることが大切です。

趣味を極めていくと、ついついうんちくを語りたくなるものです。女の子に興味を持ってもらうためには、自分からアピールするのではなく山を好きになってもらうよに誘導しましょう。

登山の計画を立てる

登山を通じて女の子と接近できる要素の一つに、危険を伴う趣味であることが理由としてあります。釣り橋効果と言って危険な状況に直面した場合に、そのドキドキ感が近くにいる人への恋心と勘違いしてしまうのです。

難易度が高くなればなるほどドキドキ感はアップしてくるので、自分に対しての緊張や興奮と勘違いしてくれやすくなります。でも初心者の女性にとって思っている以上に登山はきついので、最初からレベルの高い山ではなく難易度の低いところから始める計画を立てましょう。

天候は晴れて暑過ぎない程度の気象状況がベストなので、あらかじめ気象情報をチェックして快適な日を選んで登山の計画を立てていくことが大事です。一緒に行く女の子のことも考えてトイレ休憩なども入れておきましょう。

距離を縮めるために手をつなごう

登山の趣味を通して女の子を落としやすいタイミングとしてあるのが手をつなぐことです。少し傾斜のきつい場所になると、手をつないで引き上げてもらって登ることが必要になることもあるので、手をつなぐ口実としてはいいタイミングになります。

この場合はずっと手をつなぐのではなく、必要になった時だけになりますが、手と手が触れ合うことで相手との距離が縮まって自分のことを男として意識してくれる期待も大です。山深いところだとさらにドキドキ感が増します。

自分からサッと手を出すことができれば魅力が増します。ただし相手が手をつなぐことを望んでない可能性もあるので、最初は様子をうかがう程度にして、女の子の反応をみながら距離を詰めていくようにしましょう。

登山で関係を深めた後に

どんな山でも頂上にたどり着くと、疲労感だけでなく満足感や充実感を得ることができます。この時の感動が冷めない状態のままで次のステップに行くことができればベストです。

下山してそのまま相手と別れてしまって、次の会うまでに時間が経ってしまうと感動は薄れてしまいます。そうならないようにするためには、登山の計画を立てる段階で下山をした後に一緒に行動できるプランを立てておくようにしましょう。

登山の名所であれば近くに温泉施設や宿泊施設があることが多いので、予約することをおすすめします。今日一日を振り返りながらまったりとした時間を過ごすことができれば、女の子との関係性も深まります。

EDの人は、宿泊施設に泊まったときに備えて、バイアグラを持参することをオススメします。最近では、バイアグラのジェネリックもあり、手頃な値段で購入することができます。利用するのであれば、専門の医師に相談して処方するようにしましょう。

登山は予期せぬ事態に遭遇することもあるので、何かあった場合にはしっかり対応できるように準備して、同行する女性を守ってあげられる状態を作っておきましょう。

Copyright© 2013 趣味が女の子を落とす武器に! All Rights Reserved.